teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


五目講釈

 投稿者:どもわこ  投稿日:2008年 7月12日(土)12時12分15秒
  すみません、気づきませんでした。三三の演目は「五目講釈」というのですね。昨日、よかったですよね。そうですか、にぎわい座の「世は情け・・・」、聞きたかったなあ、そんなにすごかったんだ。ためいき。  
 

歌舞伎座の演目

 投稿者:どもわこ  投稿日:2008年 7月12日(土)12時03分37秒
  すみません、無知なもので。家元のやったのは「やかん」だそうです。物の名前の由来をご隠居に聞くやりとりをやっていたのですが、あまりに短く、小話だと思っていました。やはりまだまだ初心者には奥が深い・・・。ところで昨日、大井町に落語を聞きに行きました。
これが前座からとりまでとても良かったです。前座は春風亭昇太郎(字はわかりません)「たらちね」、いわゆる前座話だと思いますが、口舌もさわやかで、よかったです。落研出身者かも。二番手が喬太郎「竹の水仙」、まくらでいきなり「今日は談春独演会プラスアルファに、ようこそ。」で観客を沸かせ「山本モナ、いいじゃないですか。五反田の町おこしになりましたよ」で爆笑を誘う。竹の水仙も堪能いたしました。今日はレベル高くなりそう、とワクワク。中入りの後三三がこれも「談春独演会プラスアルファその2です」と始めました。時間配分を気にして演目は20分ほど、でもこれも十分に堪能いたしました。さすが若手ナンバーワンでしょうか。ところでこれの演目名がわかりません。二階に居候している若旦那が、何か仕事をしろと言われて講釈師になりたいと希望。近所の人々を集めての講談の会を催す話。講談の中身は赤穂浪士の話かと思うと福田首相からドラエモンまでさまざまな話が次々出てきて爆笑!三三の話芸の達者さがこれでもかというぐらいに披露されました。これって、なんという話かおわかりなら教えてください。で、最後はお待ちかね?談春さんで「らくだ」。「前の二人にあんなこと言われるとやりにくくて」とこぼしつつ、どうだと言わんばかりの熱演でした。特に後半の屑屋が次第に本音を出してくるところ、丁の目の伴次が「らくだもかわいそうなやつなんだよ、でも本当はお前が好きだったんだよ。あんな形でしたそれを表現できないんだ。」というセリフは、わたし好みです。また長くなってしまいました。すみません。
 

RE歌舞伎座

 投稿者:上野均  投稿日:2008年 7月 3日(木)02時40分31秒
  リレーはやっぱり無理でしたか。一度観た「慶安太平記」のリレーが
凄い出来だったので、あそこまで行くのは本当に高いハードルだな、と
思っていましたが。二人の挨拶見たかったです。
 

歌舞伎座

 投稿者:どもわこ  投稿日:2008年 6月30日(月)15時02分31秒
  歌舞伎座の報告です。最初2人で挨拶、で、談春の「慶安太平記~善達の旅立ち」。リレーはせずに家元、花道を歩いて登場「ジョークあれこれ」、体調が悪いので30分ぐらいで終わりでした。休憩後に談春、何とこの季節に「芝浜」。後半は家元は帰ってしまったそうで出てきませんでした。「芝浜」は夫婦の会話がすごく多くなっていました。歌舞伎座での落語、独特な雰囲気がありました。  

re親子会

 投稿者:上野均  投稿日:2008年 6月27日(金)09時36分9秒
  >歌舞伎座、行きます!どうか家元、うならせて。談春、酔わせて。
うらやましい! 私はそのころ仕事です。うう。
 

親子会

 投稿者:どもわこ  投稿日:2008年 6月25日(水)19時19分39秒
  歌舞伎座、行きます!どうか家元、うならせて。談春、酔わせて。  

文左衛門と親子会

 投稿者:どもわこ  投稿日:2008年 5月11日(日)09時32分34秒
  「子別れ」、なかなかしっとり落ち着いていました。私は「夏泥」の江戸っ子っぽい感じが好きなのですが。熊さんは反省しすぎというか、真面目になりすぎに思いました。吉原の女を連れ込んだような、しょうも無い男が、自分のおろかさが身にしみたとはいえ。どこかにかすかに昔の匂いを残しておいて欲しいなあ.と、これはあくまで私のなかの熊さん像です。でも、良かったですよ。帰り道後ろを歩いていた年配の男性二人が「グッと良くなってきた、大人になったねえ。」などと話していました。(笑)それと、ゲストで出ていた志ん五さんの「道具屋」がなかなかの拾い物でした。「道具屋」って前座さんがやることが多いですが、流石、ベテランのそれは一味違いました。与太郎の造形が結構アナーキーで笑いました。そういえば、私、談笑さんの「金明竹」の与太郎のアブナサを愛しております。さて、歌舞伎座の家元と談春さんの親子会、出し物は「慶安太平記」「三軒長屋」のリレーだそうで、いいなあ。そのころ私は仕事で琵琶湖の周りをうろうろしなければならず、行けません。悔しい。でも、家元、最近ますます調子が悪いみたいでこのあいだの独演会では、ついに、立川流の皆が駆けつけて、代演だったそうです。心配です。  

RE文左衛門

 投稿者:上野均  投稿日:2008年 5月 8日(木)00時55分32秒
  おお、中野の文左衛門大会行かれましたか。
「試し酒」は私も聴いたことがありません。
「子別れ」、いかがでしたか。
 

お富・与三郎

 投稿者:上野均  投稿日:2008年 5月 8日(木)00時49分31秒
  どもわこさんありがとうございます。お富・与三郎は多分もう一回だと思われます。
私は前回、今回と二回聴けただけなんですが、思ったよりも軽い演じぶりで、
くたびれずに(?)楽しんでいます。
赤めだか、改めて読んでも、自前の文章であれだけ見事な作品が書けるのは
本当に凄いと思います。雑誌連載と少し内容が違っているのも、マニアックな
読みどころかと。
 

文左衛門

 投稿者:どもわこ  投稿日:2008年 5月 3日(土)18時58分30秒
  昨晩の談春さんの物言いからするとお富・与三郎はこれで一応、一段落ということなのでしょうか。さて、このコラムで高評価の文左衛門さん、今日、独演会に行ってきました。これまで、短い持ち時間の寄席か、雑誌のおまけのCDでの「夏泥」、ダウンロードでの「文七元結」「道灌」ぐらいしかきいていなかったので。中野で「試し酒」「子別れ」2席、聞いてきました。またいろいろ紹介して下さいね。  

レンタル掲示板
/18