teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


RE妾馬

 投稿者:上野均  投稿日:2008年10月 2日(木)01時47分19秒
  どもわこさん、レポートありがとうございます。
談春「妾馬」は今年一月に聴きましたが、同じような意味のセリフは
あったと思います。
http://homepage2.nifty.com/Curious-G/starthp/subpage80168.html
その前に聴いた「妾馬」とも全然別の噺になっていて、このとき、
とても驚いたことを思い出しました。
 
 

妾馬

 投稿者:どもわこ  投稿日:2008年 9月30日(火)17時01分8秒
  ところで昨日の妾馬で、八五郎が「自分みたいな半端物は年をとったら若い者にボコボコにされる、でも、それでいんだ」といった内容のセリフがあり、そこにしびれたのですが、これは談春さんの「妾馬」に以前からはいっているセリフでしょうか?ご存じでしたらお教えください。  

立川流三人の会

 投稿者:どもわこ  投稿日:2008年 9月30日(火)14時54分32秒
  昨日の三人の会、いらしてたかもしれませんが、とりあえずご報告いたします。じゃんけんは、談春が最初に負け、残り二人でやって、勝ったのは志らく。で、志らくがなぜか二番手を取り、志の輔が最初かトリで「う~ん」と唸っているとすかさず談春が客席に「そりゃあ、志の輔兄さんが皆さんのお目当てでしょう」と拍手を要求。ところが客席は思いのほか拍手が少なく、談春のほうに拍手が・・・・。なんだか、今の二人の勢いの差がでてしまい、私には痛く感じられました。演目は志の輔「忠臣蔵」、志らく「源平盛衰記」、談春「妾馬」。「妾馬」、兄の母や妹を思う心情をたっぷり。良かったけれど、私はなんだか複雑です。  

RE

 投稿者:上野均  投稿日:2008年 9月27日(土)12時01分24秒
  無名さん、ご指摘ありがとうございます。
ありゃりゃ、という感じのミスですね。早速訂正しておきます。
ろべえ、是非、一度ご覧下さい。私は結構好きなんですが。
あと、わさびもついでにいかがでしょうか。
 

ちょっと指摘

 投稿者:無名  投稿日:2008年 9月25日(木)16時48分23秒
  いつも拝見しております。

落語雑録の記事にあります、7月19日付けの大銀座「つく枝・三三二人会」文中に
小三治師匠と喜多八師匠が“兄弟弟子”とありますが、喜多八師匠は小三治師匠の
弟子です。
しかし、ろべえ。興味本位で見てみたい。
 

演目

 投稿者:どもわこ  投稿日:2008年 8月15日(金)16時58分54秒
  ありがとうございました。「路地裏の伝説」、いいですよね。  

REわからない演目

 投稿者:上野均  投稿日:2008年 8月14日(木)01時41分40秒
  きっと「路地裏の伝説」だと思います。
SWAで作った噺ですね。三回ほど観ましたが、
そのたび少しづつ変わっていて、次に聴くのが楽しみな噺です。
 

わからない演目

 投稿者:どもわこ  投稿日:2008年 8月13日(水)12時46分29秒
  昨晩、鈴本で喬太郎を聞いたのですが演目がわかりません。もしご存知なら教えてください。父親の七回忌に同級生がやってきて、子供のころの都市伝説のような話で盛り上がる一同。そのうち父の遺品の中から日記が出てきてその伝説の登場人物がなんと父親だったというお話。父の息子を思う気持ちが染みて、ちょっとウルウルきました。  

大井町

 投稿者:どもわこ  投稿日:2008年 8月12日(火)13時41分30秒
  私は歌舞伎座より大井町のほうを堪能いたしました。  

大井町

 投稿者:上野均  投稿日:2008年 7月12日(土)23時40分32秒
  三三、途中まで「なんだろう、湯屋番かな」とか思っていたのですが、
二つ目時代に大いに売った噺だそうです。大受けでしたね。
前座君、私も初めてでしたが、正朝師の弟子で正太郎だそうです。
いい度胸ですし、声も大きくて良かったですね。私はもしかすると
アナウンス研究会系では、とか思ってしまいました。きゅりあん、
久しぶりに不穏な空気があってとてもよかったです。
 

レンタル掲示板
/18